炎の縁・人の縁

目  次



はしがき



「陶工辞めますか? 陶工辞めますか?」

 この声は私を責めたてた。

 物中心の現代にあって私たちは、経済的にも物質的にも満足しているかもしれない。だが、それ のみを追い求めていると、自分自信の存在価値さえなくなってしまう。自己否定か自己肯定か。 その声が先の声だった。



 陶芸の世界でも、媚びた物や新奇をてらった物、技巧のみの物が蔓延している。あってはならな いはずの計量の世界になっている。

 それは目先の計量の世界、利害打算のうちに生活しているからだ。このような生活の中では、自 分を害し、他を害することになる。明治維新以来の西洋文明への傾倒は、それなりの評価は出来 る。だが、西洋に追い付け追い越せのかけ声にのって、我々は一番大事なものを忘れ去ってしまっ たようだ。



 私は戦後の混乱の中で育ち、教育を受けた。わが国が、戦争の後始末を終え飛躍に向かっていた 昭和四十年、私は社会人になった。世の中は、経済的物質的に豊かになっていった。そのころ私 は、陶工を志した。

 多くの人が、物豊かさを謳歌していたころ、私はその日の食費にも困る生活をしていた。ラ ンプ生活に別れを告げ、陶房に電気がついたのは昭和五十一年だった。

 このような生活の中で、私から去っていく人もいた、が、助けてくれる人もいた。現象だけを見 れば、前者は私にとって都合が悪く、後者はありがたい。だが、前者無くして後者無く、後者無く して前者無い。この両者は一つであると解ったとき、現象世界でのあらゆる対立は、本来一つのも のであることが実感できた。

 私は、拙著『炎の声 土の声』(日本教文社刊)でも本書でも、人との出会いを書いている。私が、 いまこうして陶器を創ることができるのは、多くの人との出会いがあったからだ。私は、人との出 会いによって今日まで生かされている。それだけではない。私には父母がある。そして信楽という 陶器の町に生まれた。妻子に恵まれ、仏縁もあった。まだまだ過去に遡ったり、横に広がったり ‥‥‥。まさに不可思議。それを実感したとき、自分で生きてきたという思い上がりは霧散した。

 私は人との出会いによって生かされ、量り知れない大宇宙の”おかげ”に生かされている。いき つくところは無量そのもの、生命の根源。この生命の根源に帰依し合掌し、それに感謝、報恩の生 活をする。自分の道はこの他にない。

 自分を生かすことは、とりもなおさず他を生かす。すべてを生かしきった中に私の作品が誕生す る。私の仕事が成就する。人には、その人にしかできない仕事があり、それが成就すると同じよう に、私にしかできない作品が生まれる。

 計量の世界と無量の世界。つまり、目先の計量に右往左往するか、それとも、自分が自分になっ て本来の自由を謳歌するか。私は後者を選びたい、努力したい。

「陶工辞めますか?」の声は、ついに聞こえなくなった。


 あらゆる機会を通じ、また私の作品を通じて出会いの素晴らしさを体験させていただいた皆さん。  
 脱稿の遅れにも拘わらず、気長に励ましていただいた日本教文社の永井光延氏と長谷部智子さん。  
 本書によって新たな出会いをいただいた皆さん。  
 ありがとう。ありがとう。ありがとう。



  平成元年九月4日                       神崎紫峰

目次

ホームページ
神崎紫峰