現代抽象表現派の総帥と言われている、アメリカの陶芸家・ピーター・ヴォーコス氏から、私の新作品集「瀑布窯変」に寄稿していただいたものをここに掲載させていただきます。 翻訳文の下に原文を掲載させていたきます。


神崎紫峰

ピーター・ヴォーコス著

                                翻訳 Dr.エルマー・ヴァインマイヤー
                                       清瀬みさを
                                       (同志社大学非常勤講師・
                                                   西洋美術史)

日本の伝統工芸というのは、いつの時代も常に創造と手の技を尊重し、
その総合から生み出された芸術であると思います。この目的に達する
唯一の道は、なによりも時には犠牲的ですらある、作家の絶えざる精
進なのです。そしてその精進こそが、時の流れを越えて賞賛と尊敬を
獲得してきたのです。
さらに神崎紫峰の陶芸には、もうひとつのキーポイントがあります。つまり
彼の陶芸作品は、修行の果ての境地が自ずから具体化した形である、
ということです。炎の試練を経た彼の陶芸作品の形には、深い人間味
が反映しているのです。教授職にある私は、「伝統的」な芸術が現代
作家の創作活動に道を拓く、という例をあまた見てきました。この点
で、神崎はまぎれもなく、日本の陶芸界を方向付けてゆく存在にちが
いありません。

わたくしは、旧友でニュージャージー出身の作家ピーター・カラスを通じて、神崎
の陶芸作品と出会いました。この友人のおかげで、近年になって神崎
その人と作品を知り、彼と親交を重ねるにいたりました。そこで、何
が神崎を傑出した人物となしているのか、ということがある程度理解
できるようになりました。まず神崎は仏教者であり、陶工であり、さ
らにさまざまな人物交流の中心人物なのです。神崎の陶芸は、まさし
く偉業です。神崎こそは、修行の果てに到達した境地を見事に作品と
一体化し、目に見える形を作り上げているのですから、これは現代社
会においてはめったにないことです。神崎の世界は奥深いものであり、
それを構成するのは、なによろも仏教哲学と芸術、穴窯にたいする愛
着や尊敬の念の総合であるといえるでしょう。そして彼の道を拓いて
きたのは、「修行」という伝統的な生き方であると思うのです。

神崎は、カール・ビーマー教授が指導するペンシルベニア州のブルームスバーグ大学陶芸
科に客員教授として招かれました。神崎は、当地に着くと、さっそく
ビーマー教授の敷地に巨大な穴窯を築きました。
「なぜそれほど大胆な企てを敢行するのか?」
という問いに答えうるのは、夢を抱いている人間だけでしょうが、神崎
は「自分の生き方が自ずと導き出したのです」と答えました。

わたくしは、いつも自分の人生と芸術に対して禅の心得でのぞんできま
したので、日本の芸術と作家さんたちには強い親近感がありました。
そしてわたくしの創作を培ってきたのは、第一に抽象表現主義運動であ
り、いっぽう神崎の場合は、日本の伝統工芸を現代に汲み入れ生かすと
いう課題です。けれどもわれわれのふたつの道は、炎の芸術においては
ひとつのものなのです。その作品の形は違いますが、本質的なところは
共通しています。

神崎紫峰こそは、「物」の世界を越えてより深く豊かな「生」への道を
拓いた稀有な作家なのです。

             バークレー、カリフォルニア州立大学芸術学部名誉教授
                         ピーター・H・ボーコス

Shiho Kanzaki

by Peter H. Voulkos

Shiho Kanzaki The traditional arts of Japan have always been, I believe, a cerebration of creativity and craftsmanship, a work of beauty the product of this fusion. The requirements to fulfill this goal are met most often by enormous commitments and at times sacrifice by the artists, efforts which have commanded admiration and respect throughout the ages. In Shiho Kanzaki's work one sees an apparent third discipline or concept at work and that is an embodiment of spirituality. A feeling of the love of humanity is reflected in his ceramic forms, the ritual of trial by fire, implicit. Speaking as a teacher I have seen the "traditional" arts pave the way for many contemporary artist's careers. In this respect, the leadership Kanzaki brings to his field of ceramic art certainly must act as a standard bearer for Japan's artists.

Mr. Kanzaki's work came to my attention through a mutual friend, Peter Callas, an artist from New Jersey. I am grateful for this introduction because over the past few years have come to know Shiho and his work and lean through the bits of history and friendly confrontations something of the parts which make up this remarkable man. Kanzaki is a Buddhist Priest, a potter, a communicator. One can attach to him only the highest marks of achievement as he has been able to successfully blend spirituality into his work thus achieving a visible heightened awareness which is so rarely seen in modern societies. The complex world that Kanzaki embraces can be described as a blend of Buddhism and philosophy, the visual arts the fascination and respect for the wood fired kiln. His path is nurtured, I believe, by his contemplative, traditional life style.

He was invited by the ceramic department, headed by Karl Beamer, to be a resident artist of Bloomsburg University in Pennsylvania. Upon arrival Kanzaki set about building a large, anagama kiln on Professor Beamers site. Why one would undertake a project of such great responsibility is a question that can be answered only by the man with vision. The answer Mr. Kanzaki gives us is, "I choose for spiritual reasons"

I have always had a Zen attitude toward my life and art and have felt a strong kinship toward Japanese art and artists. My work has been influenced primarily by the Abstract Expressionist Movement while a traditional to modern lineage of Japanese art has been Mr. Kanzaki's primary influence but both journeys become one when dealing with the art of the fire. Our forms are different but our essential elements are alike. Shiho Kanzaki has found that rare equation of being able to transcend the physical in to a deeper and more meaningful one of Spirituality.
Voulkos's Sighn

Image of Line
(c) Shiho Kanzaki 1997. All Rights Reserved. Image of Line

神崎紫峰